荒野行動初心者やり方や練習方法はこちら

荒野行動で戦う相手は、機会ではなくて人間です。

そのため、スキルを磨いていかないと、すぐにやられてしまいストレスを溜め込んでしまうことに。

特に、荒野行動の初心者は標的になりやすいため、練習して強くなるしかありません。

 

この記事では、荒野行動初心者に向けて効率的なやり方や練習方法についてお伝えしています。

 

荒野行動の初心者のやり方!まずはこれ

荒野行動はコールオブデューティに代表されるようなTPSゲームとなっています。

そのため、強くなるためには一つしかありません。

それはひたらすら練習することです。

 

『何当たり前のこと言ってるの?』と思われるかもしれませんが、案外できていないt人が多いのです。

確かに、場数を踏めば経験が詰めるので、少しずつ上手になるかもしれませんが、どれだけ時間が必要になるのか、わかったものではありません。

 

荒野行動の初心者が効率よく強くなるためには、まずは練習をしてある程度、スキルを積んでから試合で実践。

練習⇨実践

この繰り返しが荒野行動初心者が強くなるやり方となります。

 

『じゃあ、どうやって荒野行動を練習したらいいの?』と疑問に感じると思います。

安心してください、次から荒野行動の初心者に向けて効率的な練習方法をお伝えしていくので、ぜひ試してみてください。

 

荒野行動の初心者の練習のやり方ご紹介!

荒野行動の初心者がまず練習をすべきことは武器の扱いです。

当然ですが、武器を上手に操作できないとライバルにダメージを与えることができず、倒すことができません。

そのため、一番最初は射撃場で練習をすることをお勧めします。

 

荒野行動の射撃場とは、武器を試し打ちできるマップとなっているので、荒野行動のシステムに慣れることに直結します。

射撃場では、一定時間ごとに武器とアタッチメントが排出されるので、それらを用いて射撃訓練ができます。

射撃場でできるのは以下の3つ。

  • 武器斧試し打ち
  • アタッチメントを試す
  • 射撃の練習

また、射撃場はオンラインマップとなっているので他のプレイヤーがいますので、どう言った動き方をすれば効率よく立ち回れるのかを研究するのもありです。

 

とはいえ、射撃場では他のプレイヤーにダメージを与えることができないのでご注意ください。

 

荒野行動の練習の始め方

荒野行動で練習をするための射撃場へ行くためには、画面右側にある”レジャー”をタップすることで射撃場へ行けます。

もしも、レジャーボタンを発見できない場合は、マッチ開始ボタンの上にあるモードをタップしてください。

 

荒野行動の練習のやり方

荒野行動で射撃場へ移動したら、あとは気になる武器を拾ってひたすら試し打ちをして練習しておきましょう。

また、この時効率よく練習をするためにはあらかじめ、設定画面から操作性を変更しておくことをお勧めします。

 

自分の狙ったところをしっかりと撃てるか、照準を素早く合わせることができるか。

そういった実践のテクニックを身につける練習をしておくのが良いでしょう。

 

また、アタッチメントを把握しておくことも大切です。

アタッチメントを把握しておかないと試合中に迷ってしまったり、判断が遅れしまいます。

荒野行動では一瞬の判断の遅れが命取りになることがあります。

 

そのため、アタッチメントをつけることでどのように変化するのかをしっかりと把握しておきましょう。

 

射撃場の的で練習

荒野行動は射撃場の的を使うことで武器の扱いを練習できます。

この時、止まって撃つだけでは効率が良いとは言えませんので、より実践的な練習方法をご紹介します。

 

一つ目は、近距離で的を撃つこと。

これは、屋内での戦闘に繋がるスキルを磨くことができます。

近いと当てるのが簡単だと思われがちですが、案外照準を合わせるのが難しいのです。

近距離で簡単に的を撃てるようになったら、移動して照準を動かしながら近距離で的を撃ちましょう!

 

二つ目は的を撃ちながら的から離れて行く方法となります。

これを行うことで、遠距離での射撃ができるようになってきます。

 

最後は最初でもお伝えしたように、ひたすら移動しながら的を撃つ練習です。

荒野行動では止まりながら撃ち合うことがありません。

そのため、移動しながら的を撃つ練習をしておくことが一番実戦に繋がるものとなります。

 

荒野行動射撃場でスナイパーの練習

荒野行動の終盤では1対1でのバトルとなるので、遠距離攻撃が有利となります。

そのため、射撃場で練習しておきましょう。

射撃場では、的が最長で100mまで置いてあります。

 

そのため、正確にタップをできるようにするのが良いでしょう。

連射モードのb武器は単射モードに切り替えてタップの感覚を練習しておくのが良いでしょう。

この時、タップする時の感覚は『ポ・ポ・ポ』とリズミカルにするのと、撃った時にずれた照準が中心に戻ってきたら、もう一度撃つように意識しましょう。

 

荒野行動初心者のやり方や練習のまとめ

今回は、荒野行動の初心者のやり方や練習の方法に付いてお伝えしました。

練習をしてスキルを磨いておかなければ、初心者狩りにあってしまい、ストレスの原因となってしまうので早い段階でスキルを磨いておくことをお勧めします。

 

まず最初は、射撃場で武器の練習をしておきましょう。

その時は、アタッチメントをつけるなどして、荒野行動のシステムに慣れておきましょう!

荒野行動の初心者はひたすら練習しておきましょう!

 

また、荒野行動の初心者がもっと楽しむためには、金券を無料でゲットできる裏技を活用しておくのが良いでしょう!

金券さえあれば、ダイヤと交換できるのでガチャをたくさん弾けるようになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です