荒野行動の設定画面のおすすめはこれ!これであなたのキル数向上?!

荒野行動はライバルと競いあう緊張感がたまらなく癖になってしまいますよね。

キルされてしまった時は『次は絶対にリベンジしてやる!』と熱がこもってしまい、気がついたら時間が過ぎていた。

なんて経験があるのではないでしょうか?

 

そんな荒野行動で勝敗の鍵を握るのが設定。

画面の設定はどのようにすると良いのかおすすめをこの記事でご紹介していくので、操作がしづらいと感じている人はぜひとも、参考にしてみてください!

 

これであなたもキル数の向上ができるかもしれませんよ!

 

荒野行動の設定画面について

荒野行動では、設定画面がいくつも存在しているのでややこしく感じている人が多いのではないでしょうか?

  • 基礎設定
  • 薬品設定
  • 操作設定
  • 高級設定
  • 収納設定
  • サウンド設定
  • 運転設定

これらの設定をすることができます。

これらを自分好みの設定にカスタマイズすることで操作性が抜群に向上するので、よりライバルを倒しやすくなりますよ!

 

荒野行動の設定画面のおすすめをご紹介!

荒野行動で操作性を向上させてライバルを倒しやすくできる設定のおすすめをご紹介していきます!

とはいえ、操作のしやすさは個人差があるので、あくまで参考程度にとどめておいてください。

 

基本設定のおすすめ

荒野行動の基本設定は絶対にカスタマイズした方が良いでしょう。

というのも、これはバトルに大きく関係する設定画面だからです。

 

照準形状

まず、最初に選択すべきは、照準形状です。

これは、3種類ありますが、おすすめは右側にある『O』です。

これまでに色々なFPSをプレイしてきて、すでに別のもので慣れている場合は無理にOを選択する必要がありませんが、これから荒野行動を始める人はOを選択しておくことをお勧めします。

 

ただ、照準はOにしておくと、撃った時にブレがなくなるので、荒野行動のトッププレイヤーは基本的にOを選択しています。

 

続いて、照準補助は解除しておくことをおすすめします。

照準補助にチェックを入れていると、胴体に照準が行ってしまうので頭を狙い撃ちしづらくなってしまいます。

 

ジャイロスコープは誤操作に繋がるのでお勧めはしません。

移動中などにもやりづらくなってします。

 

高FPS

高FPSもできるだけチェックしておくことをおすすめします。

これははONにすることで、フレーム数がよくなり、動きが滑らかになるので、操作しやすくなります。

しかし、データ通信量が多くなるため、ご注意ください。

 

左右斜めうち

これは、武器を構えた時、頭が横にずれるものとなっています。

荒野行動のトッププレイヤーの多くが使っていますが、中には使わなくても良いと言っている人がいるため、お好みで選択して良いでしょう。

 

左右斜めうちを使う場合は、慣れるまで時間がかかるので、毎日訓練していきましょう!

 

感度設定

スコープ感度も非常に重要なものとなっています。

スコープoffの場合、スコープ感度は最大にしておくのがおすすめです。

スコープ感度を高めておくと、キャラの振り向きが早くなるので、敵に教習された時であっても素早く対応できます。

 

基本的には、感度が高いほど敵に照準を合わせる速度が向上なるので、撃ち勝ちやすくなります。

ただ、感度が高すぎると、逆に合わせづらくなるので、自分の好みで調整していきましょう。

 

サウンド設定

以外と見落としがちなサウンド設定。

サウンドも設定した方がより有利に戦いやすくなります。

一番大事なのは、主音量と音効の2つ。

 

この2つの音量を最大にしておくことで、敵を把握しやすくなります。

というのも、この2つを最大にしておくと、銃声や敵の足音が大きくなるので、背後から近づかれている時に気がつきやすくなります。

また、遠くの銃声を拾えるようになるので、準備を整えやすくなります。

 

収納設定

マップ上でアイテムを拾う時の設定となります。

『アイコンと説明を表示』をONにすると、愛tめうのアイコンだけでなく、説明が表示されます。

慣れるまではONにしておくのがおすすめ。

慣れてきたら『画面を塞いで邪魔』という理由からOFFにするのもありです。

 

また、物品自動収納は操作をする必要がなくて、勝手にアイテムを拾ってくれます。

そのため、不要な操作を減らすことができますが、逆をいえば、要らないアイテムまで拾うことがあるので、ストレスを感じるようならば、OFFにしておくのがおすすめです。

 

とはいえ、何を拾うか拾わないかの設定もできるようになっているので、余裕があれば、カスタマイズしておきましょう。

 

荒野行動の設定画面!薬品のおすすめと説明

荒野行動の設定画面で薬品についてよくわからないことがあると思いますので、薬品の設定画面の説明とおすすめをご紹介していきます。

 

荒野行動の薬品は3種類あります。

赤・黄・白の3つでそれぞれで効果が異なります。

画面一番上のHP設定によって、複数の薬品を持っている時にどれを優先的に表示させるかを決めるものとなります。

 

赤の薬品設定のおすすめ

デフォルトでは、10となっていますが、20〜30にしておくのがおすすめです。

10にしておくと、赤の薬品を活用できないままキルされてしまうことが多くなります。

 

赤の薬品は以下の順番で並んでいます。

  1. 医療箱:体力を100まで回復
  2. 止血キット:体力を75まで回復
  3. 包帯:体力を10回復
  4. スポーツドリンク:90秒間で体力を30回復

これらがあります。

 

黄の薬品設定のおすすめ

黄の薬品は以下の順番で並んでいます。

  • 止血キット
  • 医療箱
  • 包帯
  • スポーツドリンク

基本的には、赤の範囲から50%ほどにとどめおくようにしましょう。

白の範囲を狭くしすぎないことがポイントになります。

 

白の薬品のおすすめ

白の薬品は以下の順番となっています。

  • スポーツドリンク
  • 包帯
  • 止血キット
  • 医療箱

白の範囲はそこまで広く取る必要がありません。

しかし、白がなさすぎるとそれはそれで不便なので、黄色の範囲を確保した上で白の範囲もある程度は確保しておくようにしましょう。

 

荒野行動の設定画面のおすすめのまとめ

今回は荒野行動の設定画面のおすすめについてお伝えしました。

荒野行動ではデフォルトでもある程度は遊びやすくなっていますが、設定画面からカスタマイズすることで操作性が増すので敵を倒しやすくなります。

 

この記事で紹介したのはあくまで参考となっているので、最終的には自分の好みとしておくのが良いでしょう。

ただ、照準と感度は直接バトルに影響するので、この記事に書いてあるおすすめを取り入れてみてくださいね!

 

これだけでも、荒野行動を楽しめるようになりますが、金券をゲットした方がますます楽しくなりますよね。

別記事にて荒野行動の金券を無料でゲットできる裏技をご紹介しているので、そちらを参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です